共働きワーキングマザーが家事分担でケンカした時の対処法

スポンサーリンク



なんでわたしばっかり頑張らなきゃいけないの!

なんであなたは夕飯食べたあと、ゴロゴロとテレビ見てるの!

なんでわたしばっかり子どもの寝かしつけやって(夜中も)、あなたは何もせず横で寝てるだけなの!

ワーキングマザーの家事と仕事と育児の両立は、死活問題です。

上記三つはわたしの心の叫び(汗)

専業主婦だった以前と比べて、だいぶ夫は家事をやるようになりました。しかし、依然として家事の普段割合はわたしの方が上。

育児の負担も私が上。夜はママの寝かしつけじゃないと泣き叫びますし、休日はベッタリです。

だんだんと不満も積もって来ます。

わかっちゃいるんです。

夫は仕事が忙しすぎる職場だということは。疲れて帰ってきて、ゆっくりしたいのは。

でも、わたしだって働いてるし、育児だって荷重大きいんだから、忙しくて協力は無理でも、少しでも気にかけてほしい。

そんな思いが交錯する中、わたしは心の中の黒い感情を一気に押し付けたい衝動に駆られます。

けれど、それをやったら最後。今まで嫌というほど経験してきたので、そんなことは出来ません。

感情が爆発してケンカする前に、わたしはこのことを心がけようと思いました。

感情が爆発しそうな時はその場を離れる

感情が爆発して、ケンカになりそうな時は、わたしは一旦その場を離れます。

その場を離れる時に嫌味を言いながらやるのは私の悪いクセ。けれど、感情的に相手をやり込めるエネルギーをぶつけるよりマシです。

ドス黒い感情をぶつけて良かった時はあまりありません。夫も鏡のような人ですから、怒りを映したら、怒りが跳ね返ってくるだけです。

落ち着きを取り戻すまでその場を離れることに徹しています。

落ち着きを取り戻したら、何の不満があるか自分に聞いてみる

感情が爆発する前にその場を離れても、しばらくはイライラ。

その後は次第に冷静になっていきますから、その感情とも向き合う用意が出来てきます。

それから、何の不満があるのか、自分に聞いてみることにしています。

こういうときは、ノートに書いて見るなり、スマホにでも入力してみるなり。

なんらかの文字に起こしておくと、自分の感情を客観的に見ることができます。オススメです。

その不満を夫にどう伝えたら良いか考える

不満をそのままぶつけても、聞いてもらえないことが大半。

ですので、不満の原因をさぐり、自分はどうしてもらいたかったのか考えます。

感情を自分の中で噛み砕いて、伝わる形に消化していく。なかなか骨の折れる作業です。

どうしてもこれだけは許せない、これだけはやってほしいと思った時だけ、伝えるようにしています。

夫に伝える

その後、気持ちが落ち着いたあとに伝えます。

わたしはこんなことを我慢してやっていたけど、やっぱりそれでは負担がかかり過ぎます。ですから、これをお願いしたいんです。

というような形で。

男女の差なのか。男性には特にハッキリ要望を伝えないと、気持ちが伝わらないことが多いように感じます(我が家だけかしら?)

なかなか実行するのが難しいこともありますが、頭の片隅に置いておくだけでも、以前と比べて、感情的な衝突が減りました。

自分とは違う人間ですから、衝突はあって当たり前。それをいかに上手く合わせていけるのか。

二人がよりわかり合うための、建設的な話し合いをもっとしたい。

あらためて思う、今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代・1児のワーキングママ。 同年代の主人、もうすぐ2歳になる息子の3人暮らし。 お金・時間・仕事から自由になって、家族でしあわせなライフスタイルを送る!と決めて、たまひろライフを運営しています。 相当の人見知り。趣味は読書とパソコン。