大切な自分の時間を奪われない4つの方法

スポンサーリンク



日々忙しい現代人にとって、時間というものは本当に貴重なものです。
その貴重な時間、自分にとって有意義なものにしたいですよね。

ですが、世の中には自分の時間を奪う、物や人が存在するのも事実。
そういう物や人に、自分の大切な時間を関われない方法をご紹介します。

すぐに解決できる質問をしてしまう人から離れる

すぐに解決できる問題も、人にまず質問をしてしまう人。
ちょっと調べれば、すぐに回答が出てくるような質問でさえ、
相手を呼び止めて、時間をもらってしまう。

そこには、相手の時間に対する遠慮はありません。

相手は自分の仕事の手を止めて、その人の下まで行き、
どういう答えを与えればいいのか考えて、理論建てて説明する労力を使っています。

けれども、質問の内容は、明日の会議は何時からだっけ?ということ。

これなら掲示板を見れば書いてあることです。

そのことを、わざわざ呼び付けて質問する人が実際に存在するのです。

呼ばれた相手は、それくらい調べてよ、ただでさえ忙しいのに、と思います。

こういう人がもしもいたならば、
呼び止められても、今忙しいんですとお伝えして、距離をおくのが良いのです。

Sponsered Link

雰囲気を読まずに話しかけてくる人から離れる

仕事で忙しい人は忙しいオーラが出ています。
けれども、そんなことお構いなしに、どんどん話しかけてくる人がいます。しかも、自分都合で。
話しかける度に、自分の仕事が中断され、多大なストレスになります。
話しかける内容も、業務上、特に必要なことだと思われません。

この人と関わると時間がなくなると思われ、どんどん人が逃げていきます。

けれども、人の時間を平気で奪っていく人というのが実に多いのです。

私自身にも戒めと言う意味で気をつけたいと思っています。

目的もなくテレビを見ること

このブログにも何度も書いている事ですが、テレビをダラダラ見ることほど時間の無駄遣いはありません。

SNSを何回もチェックすることも、これに該当します。

自分に解決できない問題についてもやること

自分で解決できない問題について悩むことほど無駄な事はありません。
例えば、ぜひ聞いてみたいセミナーがあったとします。
それが大人気のセミナーで申し込んだ後、
抽選で選ばれた人しか参加できない仕組みではどんなに参加したいと願っても、どうしようもありません。

人事を尽くして天命を待つという精神で、やることをやったら、あとは結果を受け入れるという覚悟で過ごす方が、
精神衛生上、大変よろしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代・1児のワーキングママ。 同年代の主人、もうすぐ2歳になる息子の3人暮らし。 お金・時間・仕事から自由になって、家族でしあわせなライフスタイルを送る!と決めて、たまひろライフを運営しています。 相当の人見知り。趣味は読書とパソコン。