感謝の気持ちを忘れないための方法

スポンサーリンク



感謝の気持ちを持つことはとても重要です。
しかし、日々の生活が忙しく、疲れてしまっているとついそのことを忘れがちに。

現在、私が精力的に活動できているのも、ひとえに家族の協力があってこそ。
家族がいなければ、私の活動は成り立ちません。

本当にありがとう。

日々、こういったことを意識していないと、
なかなか忘れてしまうものです。

この気持ちを常に持ち続けるために、必要なことをまとめました。

就寝前に、毎日人にしてもらったことを思い出す

私の場合でいうと、本当に山のようにあります。

子供の送り迎えをお願いしている両親。

幼いころから保育園へ預けてしまっても、がんばっている息子。

毎日遅い時間まで仕事がんばる、私のやることをおおらかに受け止めてくれている主人。

職場で、家族のように温かく接してくれる仕事先の方々。

本当に、どれひとつとっても、私にとっては、かけがえのない、ありがたい存在です。

あなたが一人暮らしで誰とも会わなくても感謝できることはある

あなたがもし一人暮らしで、アパートに住んでいて、
誰とも会わない日々を過ごしていたとしても、感謝できることはあります。

そのアパートを提供してくれている大家さんや、
蛇口をひねればすぐに水が出るようにライフラインを整えてくれた人、
コンビニで買ったお弁当を作ってくれた人。

そういったすべての人の恩恵を受けて、あなたは生活することができているのです。

そのすべてのことに感謝できるようになると、
生活全体が輝きを放っていきます。

毎日会う家族に、いつもありがとう、とお礼を一日一回必ず言うこと

やはり、一番身近な家族を大切にしましょう。

直接顔を合わせて、いつもありがとう、といってみましょう。

相手も自分も幸せになれます。

一番つらかった出来事を思い出す

同じような日常が続いていくと、どうしてもマンネリになりがちなのが人間のサガ。

そのときに思い出してほしいのが、自分が一番つらい思いをした出来事。

私は数年前、かなり大変な状況にいました。
その状況に比べると、今は本当に天国のようで、幸せな日々を過ごしています。

もう二度とあんな状況には戻りたくない。

それに比べて、今はなんて幸せなんだろう、と、
ことあるごとに考えて、感謝することを忘れないようにしてます。

まとめ

以上が感謝の気持ちを忘れない方法です。

毎日を感謝の気持ちでいっぱいにして、出会う人をどんどん幸せにしていく人生にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代・1児のワーキングママ。 同年代の主人、もうすぐ2歳になる息子の3人暮らし。 お金・時間・仕事から自由になって、家族でしあわせなライフスタイルを送る!と決めて、たまひろライフを運営しています。 相当の人見知り。趣味は読書とパソコン。