共働き育児中の私が1年間に65冊読んだ方法

スポンサーリンク



皆さんは読書は好きですか?

仕事をやっていて、なおかつ子育て中の方はなかなか本を読む時間もとれないと思います。

平日は朝の支度で大忙し、帰宅後は子どもの寝かしつけと夕飯の準備で疲れきってしまうこともしばしば。休日とて、たまった家事に、子どもの世話。

同じような環境で、それでも読書がしたかった私は、なんとか工夫して読書を続けてきました。
そして、一年間に65冊本を読むことが出来ました。

通勤時間に読む

本の大半は電車の中で読みました。
幸いなことに、始発の電車に乗ることができるので、そこで本を開くことができます
本を開くことのできないほどの電車に乗っている人もいると思います。
その場合は本の内容をまとめたオーディオブックを聞くのはいかがでしょうか

自分が知っている部分は斜め読み

読書のスピードを上げるのに効果的なことがあります。それは、自分が知っている部分について斜め読みをすることです。
これならば、もう一度インプットする必要はありません。
読書をする1番の目的は、自分の知らない知識を得ることです。
ですので、もう知っている部分については読み飛ばしても問題ありません。
こうすることで、時間がない中でも大量に読書することができます。

このような方法で私はたくさんの本を読んできました。

時間がなくてもできる方法です。ぜひ活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代・1児のワーキングママ。 同年代の主人、もうすぐ2歳になる息子の3人暮らし。 お金・時間・仕事から自由になって、家族でしあわせなライフスタイルを送る!と決めて、たまひろライフを運営しています。 相当の人見知り。趣味は読書とパソコン。