結婚前にお金の管理方法を決める方法とは

スポンサーリンク



結婚する前に!お金運用方法の取り決めましょう。

愛も大事ですけれど、お金も大切です。

恋愛期間中は、お互いの著金額なんて知らなくても、楽しいデートはたくさんできるもの。

けれども、いざ結婚するとなったら、お金の話抜きには語れません。

だって、結婚=生活ですから。

日々、食べるもの、着るもの、住む場所。あらゆることがお金抜きには語れないです。

ですから、籍を入れる前に、大事なお金の話をしましょう。

まず大切なのは、結婚後のお金をどうするか。

これが一番大切です。

どちらがお金を管理するか。
家賃や食費などの生活費はどちらが負担するのか。
それを話し合うことです。

我が家の場合は、主人がお金を貯めることが苦手だったので、私が家計を預かりました。
紆余曲折ありましたが、結果上手くいっています。

お金の管理者は一人が適任

何はともあれ、お金の管理者は一人にするのが適任です。なぜなら、管理者が一人でないと何も決められないからです。

極端な話、大根一本買うのに夫の許可が必要だったり、二倍以上、時間もストレスもかかります。
だから、お金の管理者は一人が適任なのです。

信頼関係が大切

お金の管理を任せるというのは信頼関係が必要。

だって、自分が頑張って働いたお給料を全額預けて、貯金も全てお任せすることになるのですから。これが浪費家タイプの旦那さん、奥さんだったとしましょう。

自分が必死になって稼いできたお金を、湯水のごとく使われたら、どう思いますか?仮に私が同じ立場だったとしたら…たまったものではありませんね(汗)

お金の管理者を決めるときは、無駄遣いしない、貯金運用も得意な方を任命しましょう。

話しにくいお金の話をどう切り出すか

とは言うものの、お金の話って話ずらいですよね。

今までそういう教育されてきませんでしたし、結婚前の大事な恋人にそう易々とできる話でないのは分かります。

けれども、あなたがいずれお金のことで苦労したくないとお思いでしたら、その気持ちを原動力に、正直に話を切り出してみてください。

私自身、お金のことをなかなか切り出せず、結婚式付近では、もう何十回と結婚やめようと思ったくらいでしたが、結婚式準備の最中にその話をして、なんとか無事に運用スタート出来ることになりました。

ですので、入籍前にしっかりこの話を煮詰めておくことをオススメします。

理想とするお金の運用方法

お恥ずかしながら、我が家はこの方法で運用しています。

①お互いの貯金額を公表
②お互いの貯金額を合算
③それぞれ同じくらいに貯金を残し、個人貯金については別管理
④結婚式や新生活の準備費等を引き、残った額から、晴れて生活スタート

我が家は入籍したあとにお金の話をしたので、結婚式費用や新婚旅行代を後日清算という形をとっていました。結婚前にこの話をしていれば、もっとスムーズに運用していけたと若干後悔しております。

この運用のメリットは、平等ということです。

万が一のことが起こった場合には、自分が結婚前に持っていた貯金は持っていくことも明言すれば、心配ありません。

結婚するまでの道のりも大変でしたが、結婚してからの方が長いということを、結婚3年目にしてやっと実感してきました。あの時勇気を出して、お金の話をしてよかったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代・1児のワーキングママ。 同年代の主人、もうすぐ2歳になる息子の3人暮らし。 お金・時間・仕事から自由になって、家族でしあわせなライフスタイルを送る!と決めて、たまひろライフを運営しています。 相当の人見知り。趣味は読書とパソコン。