たくさん読書しても物が増えないメリット!ミニマリストの読書術

スポンサーリンク



読書好きな方の悩みと言えば、本の置き場所ですね。
あれこれ読みたいと思って買ってみたのはいいものの、肝心の置き場所に困ってしまう。こんな事はないですか?
こんな時、置き場所に困らず、好きなだけ読書ができる方法があります。
ご紹介の順序に沿って行っていただくことで、可能な限り本を所有する冊数を減らすことができます。

徹底的に図書館を活用する

自分が読みたいと思った探すときに、まず図書館で同じものがないのか調べてみることをお勧めします。
大体の図書館では今ネットサービスが利用できます。ネットサービスとは、インターネット上で自分の調べたい書籍を検索して、その書籍の貸出予約するシステムです。
もしその書籍があれば、最寄りの図書館まで、その本を取り寄せてもらいます。
読み終わった後は図書館に返却すれば、書籍が増えません。もう一度読みたくなれば、また借りることもできます。
置場所の節約だけでなく、本代の節約にもなる。
これを利用しない手はありません。
ぜひ利用してみてください。

要らない本は買い取りサービス利用して上手に手放す

とても人気の本で、図書館からの予約待ちの件数が多い時もありますよね。読めるまで数ヵ月かかってしまう。でも、どうしても読みたい。そんな時、思いきって、書店やネットショップで購入しましょう。
そして、その本を読んでみて、もし改めて読み返す必要がなければ、ネット上の買取サービスを利用してみるのはいかがでしょうか。
アマゾンリコマースという本の買取サービスを利用すれば、梱包用の段ボールの手配、本の引き取り、本の査定まで無料で行ってくれます。そして買取が成立したら、その金額がアマゾンのポイントになります。それを再度、別の本を購入する金額に充てられます。
今は大型の古本買取店などに持っていくと、安く買い叩かますが、アマゾンリコマースならば、それよりも割と高い値段で引き取ってもらえます。
そういうことで、いらなくなった本は、ネットショッピングで買い取ってもらう。そのことによって本の冊数を減らすことができます。

気に入れば電子書籍に追加

最後に電子書籍です。図書館で読んだり実際に買ってみたりして、中には自分のお気に入りの1冊に見つかることもあります。
その場合は、電子書籍に追加することをお勧めします。
本の値段はその分余計にかかってしまいますが、何度も見返すほどの良書ならば、物を増やさずにできる方法としてはこれが1番の方法です。

以上が私のお勧めするものを増やさない、ミニマリスト的読書術です。

年末も近くなってきていて、仕事終わりの方も多くなってきていますね。
少しずつ慌ただしい時期も終わり、のんびりした時間もとれてくる頃と思います。
その時間を利用して、本を読むのはいかがでしょうか。
ミニマリスト的な読書術で、来年もスッキリしたお部屋で新年をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代・1児のワーキングママ。 同年代の主人、もうすぐ2歳になる息子の3人暮らし。 お金・時間・仕事から自由になって、家族でしあわせなライフスタイルを送る!と決めて、たまひろライフを運営しています。 相当の人見知り。趣味は読書とパソコン。