ミニマリスト的Amazonリコマースを利用して本をお得に断捨離しよう

スポンサーリンク



人によっては本を捨てるのが難しい。

積ん読された本を眺めているだけで、読んだ気持ちになる。

そんな気持ちでいると、本を手放すのがますます難しい。
でも、本を手放して、スッキリ快適空間も手に入れたい。
どうせ手放すなら、高い値段で買い取ってほしいけど、古本扱いで高く買い取ってくれる場所がわからない。

そんなあなたに朗報です。

Amazonリコマースという本買取サービスを利用すれば、積ん読になっていた本をお得に手放すことができます。

私自身もこのサービスを利用して、効率的に手放すことができました。
収納に困ることもなくなり、一石二鳥です。

今回は私が実際に利用してみてのメリットとデメリットをお伝えします。

メリット

・こちらで用意するのは売る本だけ
ダンボールもお願いすれば、リコマースから頼むことができます。
ダンボールってすぐに用意できるものではないですから、これは助かりますね。

・自宅に買取に来てくれる
リコマースでは何点からでも自宅まで引き取りに来てくれます。
本がたくさんあって運ぶのが大変な時、時間がなかなかとれない人などにオススメです。

・買取価格が高い
某大型ショップ店よりも、買い取り価格が圧倒的に高いです。
キャンペーンなどをやっていると、買い取り価格から1000円アップすることも。

デメリット

・初回登録に時間と手間がかかる
初回に買い取りを行うときは、登録時に身分証明書を提示して、
後日リコマースから送られてくる本人限定ハガキを受け取らないといけません。
そうしないと、買い取りができません。初回に手続き時間がかかっても良い人向けです?

注意点

これはAmazonユーザ以外の場合のデメリットです。
買取はAmazonポイント限定になります。

Amazonを全く利用しない人は使わない方が無難です。

まとめ

メリットデメリットご紹介してきました。

私がAmazonリコマースをオススメしたい方は以下のような方です。

・Amazonユーザで本の購入頻度が高い人
・初回登録に時間がかかってもいい人

個人的には、時間がかかってもいいので、登録しておくことをオススメします。
Amazonは納期も他のサービスさんに比べると圧倒時に良いです。

本の断捨離をお考えの方はぜひご利用してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代・1児のワーキングママ。 同年代の主人、もうすぐ2歳になる息子の3人暮らし。 お金・時間・仕事から自由になって、家族でしあわせなライフスタイルを送る!と決めて、たまひろライフを運営しています。 相当の人見知り。趣味は読書とパソコン。