向上心を高く持つことで、自分の能力を広げていこう

スポンサーリンク



向上心を高く持つことは大切だと思いますか?それとも、今の生きづらい世の中、向上心など持たずに、そこそこで頑張れば大丈夫と思っていますか?

わたしは向上心を高く持つことは大切だと思います。なぜそう思うのか、なぜそれが大切なのか、お話します。

考えたきっかけ

わたしはちきりんさんという社会派ブロガーの大ファンです。彼女が書かれた本はたいてい持っています。
その中で読んだ本(ゆるく考えよう)の中に、幸せに生きるために、目標は低く持ちましょう!という提案がなされていました。

この節を読んで、たしかに、ある面ではよい考えだと思いました。
けれども、目標を高く持つことも大切だと、実感する面もあります。

今回はそのことについて、私が日ごろ考えていることをまとめました。

高い向上心こそが、高みのある人間に押し上げる

ちきりんさんのいう、目標を低く持つという節の真意は、自分の力量を見極めた上での、無理のない目標設定をすることだと考えています。

たしかに、自分の力量を見極めることもなく、達成できそうもない無理な目標を掲げても、自分で自分の首を絞めるだけです。(目標を達成できない、ふがいない自分というネガティブなイメージを持って自分を責め続けてしまう。そもそも、目標さえ掲げなければ、そんなことで苦しむこともなかった。)

けれども、自分の力量を見極めたうえで、少し高い向上心を持つことは大切です。そうでなければ、人間としての進歩はないからです。

今の自分では手が届きそうもない、けれども、なんとか達成したい!そういう思いから、能力の向上明日への希望が生まれてきます。

たとえば、ブログの更新を例にとってみると

たとえば、一番身近な例を挙げてみますと、ブログの更新頻度について。

今のこのブログは1日1記事で更新を続けています。私の今の現状から言いますと、フルタイムで育児中で、自由に使える時間があまりない中での更新ですので、ブログに使える時間というものは限られています。

その中で、なんとか時間を捻出して、1日2記事をアップしたいと考えるとします。

これが、たとえば、そんな状況下で、1日10記事アップしたいと考えるのは無謀な策だとわかりますが、1日2記事なら、なんとかできるかもしれない。

ここで、それを達成するためにどうしようか、どう時間を捻出しようか。このように考えることが、自分自身の生産性の向上や、記事更新アップを増やすことによる、ブログの価値の向上(明日への希望)につながるのです。※

向上心がなくなった場合はどうなるか

もしも、向上心のなくす場合はどうなるでしょうか。

ブログの1日1記事更新が大変だからといって、1週間に1回の更新に引き下げたとします。すると、ブログを見てくれる人も当然少なくなりますから、アクセスも下がっていきます。

アクセスも下がってしまえば、見てくれる人も少ないし、記事の質を落としてもいいか、とだんだんブログの価値が下がっていくことにつながるのです。

そうなってしまうと、このブログを価値のあるものに引き上げたいという思っている私としては、モチベーションが下がってしまい、生産性の向上する能力を身に着けることもできずに、ブログの価値も下がってしまう。

二重のマイナススパイラルが生まれてしまうのです。

※時間をかけて、よく推敲して、記事を練り上げるのも大切なことです。けれども、そんな時間もない人は、限られた時間の中で、いかに生産性を高めて、質のいい記事を発信していく術を身に着けていくか。そのことを追求することが大切なのです。それは時間のある人の特権でしかない。

まとめ

このことから、私は自分の力量を見極めた上で、少し高めの目標を設定し、自分の能力を日々アップデートしていくことが何より大切だと考えるに至りました。(この考え方は、ちきりんさんの自分の時間を取り戻そうという本にも書かれたようなことです。)

それぞれ、考え方の違いはもちろんあります。

あなたはどのように考えますか?もし何かお考えがありましたら、コメントなどお気軽にいただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代・1児のワーキングママ。 同年代の主人、もうすぐ2歳になる息子の3人暮らし。 お金・時間・仕事から自由になって、家族でしあわせなライフスタイルを送る!と決めて、たまひろライフを運営しています。 相当の人見知り。趣味は読書とパソコン。