GW後半。子どもを連れての長時間の移動対策に、持っていくと便利なモノ5選

スポンサーリンク



ゴールデンウィーク後半は息子を連れて、主人の実家に行っています。

片道4時間半の移動。

大人なら、平気でやり過ごせるものです。けれども、子どもには少々長すぎますね。

飽きてしまったり、疲れてしまったり。ぐずってしまうお子さんも多いでしょう。

特に、車内や電車内では、自由に動き回るスペースも、横になることもできません。ずっと泣かせていると、人の目も気になりますしね。子連れの移動はなかなか大変なものです。

そこで、子どもを連れての長時間移動対策に、持っていくと便利なモノ5選をご紹介します。

大好物のお菓子

飽きはじめてきたな、と思ったら、好きなオヤツをあげます。間を持たせるために、噛み応えのあるモノがオススメ。

大好きなおもちゃ

お気に入りのオモチャがあると、少しは時間を確保できます。

ウチは、ピタゴラスイッチが異常に好きです。Amazonでお誕生日に買ってあげた、ピタゴラスイッチを持っていくと、しばらく遊んでいます。

音がなるオモチャを持っていくときは、音がならないように電池は外しておくと良いですよ。

大好きな絵本

狭い車内や電車内の移動ですから、動き回らせることはできません。ですから、場所もとらずに遊べるモノといったら、コレ。絵本です。

母乳(授乳ケープ必須)

母乳を飲ませること。母乳が出るママ限定なのが申し訳ないのですが、これはかなり間が持ちます。

何をしても、飽きて、ぐずって仕方ないときら、母乳を飲んでもらいます。

ちなみに、飲ませるときは授乳ケープを忘れずに!

スマホ

最終手段はコチラ。スマホでYouTubeの動画を見せることです。
子どもにスマホを見せる影響うんぬんとありますが、周りの目もあるし、ウロチョロさせることもできません。

以上が、我が家が実際に行なっている方法でした。
子連れの移動はなかなか大変なものです。けれども、子どもも慣れてくれば、少しずつ落ち着きを出してくれるはず。

そろそろ帰りのピークを迎えるころ。適度に休みを入れながら、移動気をつけて帰ってきてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代・1児のワーキングママ。 同年代の主人、もうすぐ2歳になる息子の3人暮らし。 お金・時間・仕事から自由になって、家族でしあわせなライフスタイルを送る!と決めて、たまひろライフを運営しています。 相当の人見知り。趣味は読書とパソコン。