びっくりするほど節約できる!毎月5000円以内で納める会社員のランチの節約方法

スポンサーリンク



日々忙しく働く、会社員のみなさん!

お昼はどうしていますか?
毎月決められたお小遣い制の中でやりくりしていますか?

お小遣いの中で大きなウェイトを占めているのが、ランチ代ですよね。

我が家も毎月お小遣い制を採用して、日々のランチ代はお小遣いの中でやりくりしています。
限られたお金の中で、ランチにお金をかけるよりも、自己投資にお金を使いたかった私。
なるべくランチ代を節約する方法はないか編み出しました。

すると、毎月約5000円で乗り切れることに成功!
無事に、それ以外のお金を自己投資に回すことができました。

今回は私が実際に行っているランチ代節約方法をご紹介します。

Sponsered Link

お茶を2㍑ 100円で購入

ありがたいことに、会社の近くにはスーパーがあります。
そこで、数日に一回、自分が飲むお茶や水を購入。
そのお値段が驚きの100円以下!
私の飲み物代はこれに助けられています。

スーパーが近くにない方も、保温タイプの水筒を持って行って、白湯を飲んだり、小包装タイプのお茶や紅茶を入れて飲めば、1日に100円もかかりません。

自宅でお握りを作る

毎朝、自宅でおにぎりを作っていきます。お米は毎月の家計に含まれているので、自分のお小遣いからの出費は0円です。

カップスープはインスタントものを購入

さすがに、毎日のランチがおにぎりだけでは寂しい。
ので、先ほどのスーパーで、お湯に注ぐとすぐにできるインスタントカップスープを用意しています。
値段が高いものでも、一食50円もしません。
味もいろいろ選べるので、その日の気分でお得なものをチョイス。

私のランチ代を大公開

これらの方法をまとめて、私のランチ代を計算してみました。

一ヶ月の勤務が約20日だと想定すると、

飲み物代 2㍑のペットボトル100円✖️20 = 2000円

おにぎり 家計の食費から捻出で0円

カップスープ 1回あたり約50円✖️20 = 1000円

たまに外にランチ行く回数2✖️2回 = 2000円

合計 5000円

たまにランチを外食しても、5000円で事足ります。

まとめ

私がランチ代を節約する方法は、飲み物代を安いものを買ったり、家でおにぎりを作ったりする方法です。
我慢ばかりもよくないので、たまにはランチも行ったりして乗り切っています。

参考になる部分があれば、取り入れてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代・1児のワーキングママ。 同年代の主人、もうすぐ2歳になる息子の3人暮らし。 お金・時間・仕事から自由になって、家族でしあわせなライフスタイルを送る!と決めて、たまひろライフを運営しています。 相当の人見知り。趣味は読書とパソコン。