節約のために食費を1週間5000円計画で乗り切るマル秘テクニック

スポンサーリンク



節約のために、少しでも食費を減らしたい。
そんな時、食事作りを1週間5000円計画で乗り切るのはいかがでしょうか。

これを実践すると、

      計画的に買い物ができる
      料理のやりくりメニューがわかる
      食費の大幅な節約になる

3つの効果が実感でき、食費の大幅な節約になりますよ。
これから、順を追って説明していきますね。

なぜ、一週間単位なのか

計画が立てやすく、続けやすいからです。

最初から1カ月のメニューを立てるのは大変ですし、続きません。

1週間ならば、そこまで長くないので継続もしやすいし、計画も立てやすいです。
2週目で疲れたならば、出来合いのものを頼む一週間にしてもいいし、
3週目に気力復活したなら、また計画立てて頑張ってみてもいい、

ようは柔軟性があるわけです。

5000円で乗り切るために

期間を決めた後は、予算を決めましょう。
ざっくり、5000円です。
これだけあれば、二人なら普通に暮らせます。

そして、5000円以内で収めるためには、
何より買い物メニューの作成が大事です。

食事作りというと、
献立をイメージする人が多いかと思いますがその逆です
献立はその後からではいくらでも決められます

それよりも、予算を抑えることを第一に考えるなら、食材メニューを決めることが先決です。

オススメの1週間買い物メニュー

食材のメニューは、主菜、野菜、その他です。
主菜はメインとなる動物性タンパク質である肉、魚などです。
野菜は、葉物類などの野菜、きのこなどです。
その他は、納豆、豆腐、ひじきなどです。

予算の分配は2対2対1です。




主菜野菜その他

これを5000円とすると




主菜野菜その他
2000円2000円2000円

です。
実にシンプルですね!

え、こんなに簡単にできるかって?
できます。大丈夫です。

まだイメージがわかない方のために、
ある一週間の食材と献立メニューを立ててみましょう。

一週間メニュー

主菜

ひき肉 200g 200円
ウインナー1袋 100円
サバ 2切れ 200円
しらす 150g 200円
鶏もも肉 100g 150円
豚肉 100グラム 150円
合計 1000円

野菜

白菜 200円
キャベツ半玉 100円
じゃがいも 100円
大根 半分 100円
ニンジン 100円
玉ねぎ 100円
青菜 100円
しめじ 100円
ネギ・大葉 100円
合計 1000円

その他

納豆 100円
温泉卵 100円
豆腐一丁 100円
トマト缶 100円
油揚げ 100円
乾燥大豆 200円
合計 700円

これで合計2700円です。

それでは、一週間の献立メニューです。

月曜日

麻婆豆腐
白菜のお新香
玉ねぎしめじの中華スープ

火曜日
納豆と温泉卵
野菜たっぷり絶品とん汁

水曜日
鯖の味噌煮
大根のお新香
青菜と油揚げのお味噌汁

木曜日
大根と豚肉の味噌煮
キャベツの温野菜

金曜日
豚肉と大豆のミネストローネ
青菜と油揚げの煮浸し

土曜日
しらす丼ぶり
人参のきんぴら
大根のお味噌汁

日曜日
ウィンナーとじゃがいものベーコンポテト
キャベツとひき肉の野菜炒め

といった献立メニューを作ってみました。

これならば、二人分1食あたり2700÷7=400円ほど。
一人分ならば、半額の200円程度で作れます。
食堂でランチを食べるよりも安く食べることができますね。

ぜひやってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代・1児のワーキングママ。 同年代の主人、もうすぐ2歳になる息子の3人暮らし。 お金・時間・仕事から自由になって、家族でしあわせなライフスタイルを送る!と決めて、たまひろライフを運営しています。 相当の人見知り。趣味は読書とパソコン。