私の将来の夢は吉田松陰のように松下村塾を作って、後世に偉人を育てること

スポンサーリンク



私には将来の夢があります。
あまりに大それていて、口に出すのも恥ずかしい。
でも、言うのはタダなので、宣言します。

それは吉田松陰のような松下村塾を作って、後世に残る偉人を育てることです。

あまりに大きな夢すぎて、笑われるかもしれません。
でも、いずれ実現したいと本気で思っています。

きっかけは、一昨年の大河ドラマ。

ドラマを観てから、この人の生き様に衝撃を受けました。
29歳という若さでこの世を去りながら、
その後につづく教え子たちの時代を変える活躍。

それまで、お恥ずかしながら、吉田松陰のことはよく知りませんでした。

けれども、これを観てから、人生観が変わりました。

この人のように生きてみたい、と。
本当に世の中を良くするために行動して、
たくさんの人に教えながら、自分の生きる道を全うする。

そんな生き方を、残りの人生やっていこうと決意しました。

それを実現するために、私は次のようなことを始めていきます。

① 人に教える機会を増やす

幸いなことに、私は人に教えることが苦になりません。
むしろ、どのようにすればわかりやすく人に教えることができるかというのを考えることが好き。

これは私の才能の一部です。
この才能を生かして将来誰かに教えるための技術を磨いていきます。

今現在の私が得意なこと、例えばパソコンの技術を人に伝えると言う機会を増やしていきます。

② 自分自身が社会に貢献できることを知り実践していく

恥ずかしいことに、私はまだ世の中に何を貢献できるかが分かっていません。
ですので、まずはそれを知ることが先決です。
自分のライフワークを知るのと同じようなことですから、大変時間がかかります。
でも、必ず見つけたい。

それがわかったら、次に実践することが大切です。

言って聞かせやってみて聞かせ褒めてやらなきゃれば人は動かじ、

と言う言葉があるように自分自身で経験しなければ誰にも教える事はできません。
この吉田松陰もそのように自分自身で実践をしてやっていく人でした。
ですので私も同じようになりたいと思っています。

③ 私自身の松下村塾を開く

① ②が出来るようになって初めて私自身の松下村塾を開くことができます。

以上が私の目標でありライフワークでもあります。

お恥ずかしながら、私の今後の生きる目標でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代・1児のワーキングママ。 同年代の主人、もうすぐ2歳になる息子の3人暮らし。 お金・時間・仕事から自由になって、家族でしあわせなライフスタイルを送る!と決めて、たまひろライフを運営しています。 相当の人見知り。趣味は読書とパソコン。