共働きのやりくり術!夕食の準備が大変な時に手を抜く方法

スポンサーリンク



仕事でくたびれて大変な時、残業続きの時、
疲れがたまってどうしようもない。

夕食の支度なんてやりたくないですよね。

そんな時は、宅配サービスなどを使って上手に手を抜くことを覚えましょう。
私が実際にやっている手抜き方法をご紹介します。

解決策

市販のお弁当受け取りサービスを利用

今の時代、こんなに便利なお弁当があります。

写真はセブンイレブンで受け取れるセブンミール弁当。

たくさんのおかずが入っていて、電子レンジでチンすればすぐ食べられます。
これならば栄養バランスもとれるし、忙しい時に本当に便利です。

週末にまとめて野菜を切って冷凍ストックしておく

時間がある時に食べられる大きさに野菜をカットしておきましょう。
必要な時に、その野菜を入れるだけで、作業時間を大幅に短縮することができます。
例えば、味噌汁や煮込み料理など。本当に幅広く使えます。
パパッとお鍋の中に入れるだけで、簡単に早く出来上がるのです。

我が家の冷凍庫の中はこんなにストックだらけです。

いろいろな野菜を保存しておくことができますよ。

カレーなどの何日も食べられるものを作っておく

カレーなどの煮込み料理なら、食べるたびに火に何度もかければ数日も食べられることができます。
暑い日など、冷蔵庫に保存することによって何日間か保存が可能に。
さきほどの冷凍野菜を使用すると、すぐに食べることができますよ。

宅配サービスを利用する

私は宅配サービスをその時の状況によって使い分けています。

忙しすぎて夕飯の準備をする時間がないときはお弁当の冷凍食品。

少しだけ余裕があるときは食材サービスを使って夕食作り。

レシピがマンネリ化している時はヨシケイなどの食材宅配サービスを使うと、食材とレシピがセットになって届きますから、あとは手を動かすだけです。

こんなおいしい料理もぱぱっと作れます。

こんなふうに切り替えることで、メリハリのある食卓が演出できます。

我が家も共働きになってあと少しで一年ですが、
食事の用意のパターンはこの組み合わせで落ち着いてきました。

みなさんも自分のライフスタイルに合わせて、
こういったサービスを上手に利用してみてくださいね。

毎日の料理を少しでも負担を減らせますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代・1児のワーキングママ。 同年代の主人、もうすぐ2歳になる息子の3人暮らし。 お金・時間・仕事から自由になって、家族でしあわせなライフスタイルを送る!と決めて、たまひろライフを運営しています。 相当の人見知り。趣味は読書とパソコン。