エゴイズム(利己主義)の流れが加速する不安な世の中でどう生きるべきか

スポンサーリンク



2016年はさまざまなことがありました。

アメリカ大統領にトランプ氏の就任。
イギリスのEU離脱。

歴史は繰り返す。

そんな言葉があります。
今まではグローバル社会として開かれた国作りをしていましたが、今は個人主義として閉じられた国の流れが来ています。

グレートオブアメリカ。
アメリカをもう一度偉大に。
米国第一主義を掲げ、米国の利益を最優先のトランプ氏。

今後は他の国でも、さらにその流れが加速するでしょう。

自分がよければそれでいい。

世の中の流れが利己主義的になっている、と感じるのは私だけでしょうか。
パンドラの箱を開けてしまったかのような、怪しい雲行きになってきました。

先日のニュースでも、トヨタがメキシコに工場を持つ、という発表からのトランプ氏の発言で、トヨタの株が値下がりしました。
それからは、みんながこぞって、発表を控えるようになっています。
大変な影響力を持つ人であることが伺えます。

私はこの出来事に、胸騒ぎがするような、
なんとも言えない違和感を持ちました。

世界はこの人の言動ですべてが決まってしまう?

この世の中は、それでいいのか?

こんな世の中で、私は何を指針に生きていけばいいのだろう。

ずっと考えてきました。
そして、ある考えが浮かんだのです。

これからの指針になるもの

世の中の利己主義の流れが加速するなかでも、
シェアリングエコノミーという人やものやスキルを共有できる世の中になりました。

インターネットという仕組みを使うことで、個と個が繋がれるのです。

であるならば、私はそちらの道を選びたい。

国と国が閉じられようとしているけれど、個と個でのつながりを強くすることはできる。

限りある資源をみんなで共有する。
困った時はお互いさまと助け合いの精神を持つ。


私たち日本人がもともと持っている美意識です。

私はそういうグループとつながりを持ちたい。
こういう生き方が素晴らしいんだと、人や社会や国に、メッセージを発信していきたい。

自分自身もそうなれるように努力して、前に進んでいきたい。

年の始めの決意でした。

この決意を新たに、これからも私はブログでメッセージを発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代・1児のワーキングママ。 同年代の主人、もうすぐ2歳になる息子の3人暮らし。 お金・時間・仕事から自由になって、家族でしあわせなライフスタイルを送る!と決めて、たまひろライフを運営しています。 相当の人見知り。趣味は読書とパソコン。